大貫のり夫

おおぬき 憲夫
日本共産党横浜市会議員
スクランブル交差点

青葉区地域要求探偵団 稲荷前古墳群

2011年11月12日

CIMG0277

この季節に青葉区からこんな奇麗な富士山を見たのははじめてです。写真を写した場所は、大場町の丘陵にある稲荷前古墳群のひとつ前方後方墳のてっぺん。古墳時代の人々も、この素晴らしい富士山をみて「奇麗!」と溜息をついていたのでは。

きょう12日は午前中、日本共産党青葉区委員会が年末に行う予定の対区・土木事務所地域改善要望の現場調査を行なました。銘打って、 青葉区地域要求探偵団。その要望の一つに大場町にある神奈川県指定の稲荷前古墳群と市ヶ尾横穴古墳群の施設が老朽化しているので改修をしてほしいと要望があったのです。


CIMG0304

右の写真が前方後方墳です。青葉区にこういうところ があるのか改めて思いました。前方後方墳は、主に弥生時代後期末から造られ始め古墳時代前期前半に中部・関東地方でよくつくられたそうです。

この丘陵にはこの前方後方墳、円墳、方墳のほか7基の古墳と3つの横穴古墳あったそうですが、宅地開発のため壊してしまいました。


CIMG0307

この古墳群は1970年(昭和45年)神奈川県の史跡に指定され、散策路が整備されています。

この古墳群に対する区民要望は、せっかくの施設なのに老朽化が激しいので補修してほしいといものです。左の写真は鉄柵の下の部分が腐っていました。


CIMG0301

案内板が写真のように半分草木で隠れ、説明文も薄く消えてしまっています。


CIMG0309

散策路の周りの孟宗竹の林の手入れがされてないために、密集し、朽ちた竹が散乱しています。

この古墳群遺跡の施設には駐車場もあります。とてもいいところなので、整備をし直して、もっとたくさんの人に来てほしいと思います。そして、青葉区の地の古代に、悠久の思いを馳せてもらいたいものです。


ブログ新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP