大貫のり夫

おおぬき 憲夫
日本共産党横浜市会議員
スクランブル交差点

田辺三菱製薬劇物タリウム混入事件

2012年1月20日

三菱化成

  青葉区鴨志田町にある田辺三菱製薬横浜研究所(左写真は同研究所がある三菱化成科学技術センターのゲート)で、40歳の研究員が劇物のタリウムをお茶に混ぜ同僚に飲ませた事件が起きました。

 報道では同研所の劇物等の管理が悪いことが指摘されています。2004年5月には同研究所と同一敷地内にある三菱化成科学技術センター横浜エリアで、ウラン化合物 試薬ビン33本(ウラン量 894グラム)、トリウム化合物 試薬ビン33本(トリウム量 1,052グラム)合計2キログラムの文部科学省に届がない核燃料物質がが見つかり、その管理が問題になったことがあります。

 2度も鴨志田町の三菱化成に関わる劇毒物の管理の問題が発生したことは、その管理の仕方に根本的問題があるということではないでしょうか。さらには、企業の放射性物質を含む劇毒物の管理を監督する青葉消防署の責任も問われるものです。安全安心な青葉区のためにも放置できない問題です。

ブログ新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP