大貫のり夫

おおぬき 憲夫
日本共産党横浜市会議員
スクランブル交差点

5駅頭リレー宣伝

2012年5月18日

   CIMG1262

 田園都市線の青葉台・藤が丘・市ヶ尾・あざみ野・たまプラーザの合計5つの駅頭で、「消費税増税ストップ!」のリレー宣伝をしました。写真は市ヶ尾駅前です。各駅30分。

 1989年に当時の竹下首相が、「福祉のため」「高齢化社会のため」として消費税を導入して23年です。その間、国民が国庫に納入した消費税額は累計で238兆円。こんなに消費税を納めたのなら、もっと医療や福祉、社会保障が充実していていいはずじゃありませんか。

 1997年に当時の橋本首相が消費税の税率を2%引き上げした時に何て言ったか、「高齢社会の財源として優れており、高齢社会にとって不可欠の税制」として増税をすすめました。そして、今度は政権が民主党に移って野田首相が「社会保障と税の一体改革」のために、消費税増税は「どの政権でも避けて通れない」と命をかけて実行するんだといってます。

 何度も「壊れたレコード」ではあるまし、同じ増税理由をあげ消費税増税を迫る。これほど国民をばかにした、また、なめた話はありません。どの政権も同じと言っていますが、日本共産党政権なら消費税増税なしで、財政再建と社会保障の充実をこうやってすすめるという提言を2時間半しゃべってきました。まだしゃべり足りません。

ブログ新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP